■インストール準備


ハードウェア要件

    PC/AT互換機
    CPU:X86プロセッサシステム(Pentium以上推奨)
    メモリ:32MB以上(64MB以上推奨)
    ハードディスク:650MB以上の空き容量(1.2GB以上推奨)

ハードディスク構成

 Linuxを利用する場合は、データを収める"/(ルート)"領域と仮想メモリの役割を果たす"swap"領域が必要になります。 理想としてはデータを収める領域を用途に合わせて分割したいのですが、容量の推測が難しいため、 データ領域が見積もりやすい"/boot"領域だけ別パーティションとし、残りは"/(ルート)"領域に収めるようにします。

/boot領域100MB
swap領域256MB
/(ルート)領域約7500MB

インストール準備

 サーバのデータはすべて消してしまうので、必要なデータは別に保存してください。
 起動ディスク作成用にフォーマット済みフロッピーディスクを用意してください。
 CD-ROMから起動できるように設定します。
 省電力設定がされている場合は、設定をオフにします。
 機種によってはそのままではインストールできない場合があります。メーカーのウェブサイト等で確認してください。





  Red Hat Linux OS
    ダウンロード
    インストール準備
    インストール












リナックスでサーバ構築トップへ